Menu

合宿免許と通学免許はどちらがおすすめ?

短期間で済ませたいのなら合宿免許

合宿免許のメリットは短期間で教習所を卒業できるところにあります。AT限定免許なら最短14日間で、MT免許なら最短16日間で教習所を卒業できます。生徒は短期間での卒業を目指して、合宿期間中は学科教習と技能教習に取り組む1日を過ごします。一緒に勉強をすることや寝食を共にすることで合宿期間中に新しく友達をつくる人も多くいます。豊かな自然や温泉を楽しむことができる教習所もあり、旅行気分で合宿免許を申し込む人もいます。素敵な思い出を作ることができるという点も合宿免許のメリットです。

合宿免許のデメリットは2週間か3週間程まとまった期間が必要になることです。会社員などで長期間の休みを取りにくい人は合宿免許を申し込むのは困難です。学生の場合もアルバイトなどがある場合はあらかじめスケジュールを調整しておく必要があります。また、合宿免許では集団行動を求められる場面が少なからずあり、自宅から離れた場所で見ず知らずの人と過ごす必要があるので、合宿期間中は苦痛だったという人も少なからずいます。路上教習は知らない道で行われるので、車の運転の難易度が上がるかもしれないという点も注意する必要があります。

マイペースな人には通学免許

通学免許のメリットは自分のペースで教習を受けることができるところにあります。自分のスケジュールに合わせて教習の予定を入れることができるので、会社や学校が休みである土日だけ教習所に通うことも可能です。急な予定が入った際も、決められた期間内であればキャンセルすることができます。自分の家の近くにある教習所に通っている場合、路上教習も自分がよく知っている道で行われるので、比較的気楽に運転することができます。学科教習で習ったことは家でじっくりと復習したいという人にも通学免許がおすすめです。

通学免許のデメリットは、自分で予定を組むことができる分、教習所を卒業するまでに時間がかかってしまうことです。通学免許の場合、入学から卒業までの期間は一般的に2か月程ですが、長い人だと半年程かかることもあります。また、通学免許の場合、自分の都合にいい日は技能教習の予約がすでに埋まっていて空車がないなど、スケジュール通りにいかないことも多々あります。また、マイペースに技能教習の日程を決めることで、車を運転する感覚がなかなか身につかないということもありえます。

合宿免許は通学免許より安く済む?

合宿免許を選ぶと、通学免許よりも費用が安く済む場合が多くあります。合宿免許の場合、教習所があらかじめ決めたスケジュールで教習を行うことができるので、一回の教習に予約が殺到することや誰も予約していない空車が生じること、急な予約のキャンセルなどの無駄がありません。また、合宿免許だと、短期間で生徒を卒業させた後すぐに新しい生徒を受け入れるので、より利益を増やすことができます。通学免許の場合、一般的にAT限定免許だと28万円程、MT免許だと30万円程かかりますが、合宿免許の場合、それぞれ5万円程安く済ますことも可能です。

ただし、学生が夏休みの8月頃や春休みの3月頃は合宿免許に生徒がたくさん集まるので、時期によっては通学免許よりも費用が高くなることもあります。合宿免許で安く済ませようと思うなら、4月から6月頃か、10月から12月頃がおすすめです。また、合宿免許の宿泊プランについても、宿泊施設は個室か相部屋か、食事は含まれているかなどで、料金は変わってきます。サービスが充実している宿泊プラン程、もちろん料金は高くなる傾向にあります。

免許は合宿免許ムーチョ!で取ろう