Menu

合宿免許と通学免許の特徴に関する詳細

合宿免許はまとまった時間を確保できる人に最適なプラン

自動車の運転免許を取るには試験場での試験に合格する必要がありますが、その試験を受けるには自動車学校などの施設で規定数の講習をクリアしなければいけません。この講習時間は法律で決まっているので、誰であっても必要な講習を規定数受けることになります。講習を受ける方法の中で合宿免許は短期間ですべての講習をクリアできるプランです。自動車学校などの施設が用意する宿泊施設に泊まり込み、必要な講習をまとめて受けることができます。そのため、最短なら約二週間で講習が修了するのが大きな特徴です。合宿免許は基本的に一度受けたら最後まで講習を受けることになり、途中で離脱すると今まで習ったことが無駄になってしまいます。そのため、最低でも約二週間の自由時間を確保できる人でなければ利用できないのが欠点です。

その一方で合宿免許は通学免許と比べると支出を低く抑えられる利点があります。少ない日数で必要な講習を受けられる分、費用も割安になるためです。技能講習は一日に受けられる時間数に限りがありますが、学科講習は制限が無いのも効率良く学びたい人には最適です。また、技能講習で使用する車両の事前予約も必要ありません。余計な手間をかけず、講習に専念できるのが合宿免許の魅力と言えます。

限られた自由時間の中で講習を受けるには通学免許が便利

通学免許は自動車学校などの施設に通って講習を受けるプランであり、最も一般的な利用方法でもあります。講習内容は合宿免許と同じですが、利用者が多い分、受講できる時間は限られています。場合によっては何日も講習を受けられないことがあるので、免許を取得できるまで時間がかかってしまうのが欠点です。また、技能講習に使用する車両は事前の予約が必要になることも忘れてはいけません。講習費用も合宿免許と比べると割高ですが、その反面、講習を受けるスケジュール調整がある程度は可能である利点もあります。合宿免許は短期間とはいえ一定の日数は拘束される形になることから、多忙な人は利用することができません。その点、通学免許なら仕事帰りなどわずかな空き時間で受講することが可能です。

通学免許は自宅や勤め先から通うことができるので、リラックスした状態で受講できるのもメリットの一つです。合宿免許は宿泊施設に泊まり込み、知らない人と共同生活を営みながら講習を受けるシステムなので人によっては極度に緊張するおそれがあります。通学免許ならそのようなことはなく、落ち着いて講習を受けることが可能です。合宿免許と通学免許はそれぞれに長所と短所があるので、費用やスケジュール調整などの事柄を考慮して決めるのが免許取得への近道になります。

 

免許は合宿免許ムーチョ!で取ろう