Menu

合宿免許で取得できる自動車免許のまとめ

合宿免許で取れる普通自動車免許は3種類

合宿免許のスタイルで取得できる普通自動車免許は、3つあります。1つ目がAT車限定免許です。AT車限定免許を取得すると、自動変速機であるオートマチックトランスミッションが搭載されたAT車を運転することが可能になります。合宿で取れる2つ目の免許は、MT車免許です。こちらの免許を取得した場合、自分でギアチェンジを行うマニュアルトランスミッションの車が運転できます。ちなみに、MT車免許を持っている人はAT車も運転が可能です。合宿で取れる免許の3つ目は、普通自動車の2種免許です。

普通自動車の2種免許は、タクシーなどの旅客用の普通車両を運転するときに必要になってきます。この2種免許にも、AT車限定とMT車の免許がそれぞれ用意されています。普通自動車の1種免許を取得してから一定期間が経過していること、などが2種免許を取得するときの条件です。

大型、中型、準中型、特殊免許も合宿免許で取得ができる

合宿免許のスクールでは、大型免許や中型免許、準中型免許、特殊免許なども取得が可能です。大型免許は、車両の総重量が11トン以上、最大積載量が6.5トン以上の車両を運転するときに必要になる免許です。乗車定員が30人以上の大型の車は、この大型免許でないと運転ができません。中型免許は、車両の総重量が8トン以下、最大積載量が5トン以下の車両を運転する人が取得する免許。4トントラックなどは、中型免許が必要な車両です。準中型免許は、車両の総重量が3.5トン以上7.5トン未満、最大積載量が2トン以上4.5トン未満の車に適用される免許です。

特殊免許は、フォークリフトやけん引車などの特殊な車を運転する際に必要な免許のこと。特殊免許に挙げられるのが、けん引免許、フォークリフト免許、大型特殊免許、小型特殊免許などです。ちなみに、大型特殊免許にはカタビラ車限定免許、けん引免許には小型トレーラー限定免許などが含まれています。このほか、大型2種、中型2種、大型特殊2種、けん引2種も特殊免許の1つです。

合宿免許で取得できる4種類の自動二輪車免許

原付免許、小型限定普通二輪免許、普通二輪免許、大型二輪免許などの自動二輪車の免許も、合宿で取得が可能です。原付免許は、排気量が50cc以下のバイクを運転するときに必要です。小型限定普通二輪免許には、AT車限定とMT車の2種類があります。この免許は、排気量が125cc以下のバイクに乗るときに取得します。普通二輪免許は、排気量が400cc以下のバイクに乗る人が対象です。この免許も、AT車限定とMT車にわかれています。大型二輪免許は、401ccを超えるバイクにも乗れる免許です。大型二輪免許を取得すると、排気量がより少ないバイクにも乗ることが可能です。大型二輪免許にも、AT車限定とMT車の2つの免許があります。

 
合宿免許のことなら合宿免許ムーチョ!